日本不動産イニシアティブ株式会社

スマホ用節税・相続性対策として
将来の収入源万が一の備え相続・節税対策インフレ対策

 


ワンルームマンションを購入すれば、

相続税・所得税・住民税の節税メリットを享受することができます

不動産は、節税対策のためにしばしば活用されます。

特に相続対策としては有効な手段になり得ますので、仕組みをしっかりと押さえておきましょう。

相続税を取り巻く状況

相続税の課税対象範囲や税額は、年々拡大・増額されており、2015年の税制改正では下記のように変わりました。
税制改正

相続税対策として

 


現金や有価証券の財産評価額:額面金額(又は時価)で評価されます。

不動産保有時の財産評価額:一般的に、購入価格の25%~50%で評価されます。

相続税はこれら評価額に対して税率を乗じることで計算されますので、現金等で保有している場合と比較し、不動産を保有している方が税負担を軽減させることができます。
また、生命保険の場合、相続時には法定相続人×500万円までが非課税限度額として取り扱われ、超過分に対しては税金計算の対象となりますが、不動産の場合にはこのような限度額はなく、あくまで圧縮された評価額を基に税金が計算されます。

そのため、ワンルームマンションを保有することで、相続税計算の対象となる資産評価を低くすることができます。

課税評価額

遺産分割を円滑に

相続時には遺産分割協議を行いますが、遺言状が存在しない場合等には、誰がどの資産を承継するかについて、
親族間でトラブルが発生する事例があります。

例えば、兄弟2人が1棟アパートを相続する場合、兄弟のどちらが相続物件を承継するのか、持分を50%ずつ分配するのか、
兄弟間で争いが起きることも珍しくありません。

この点、ワンルームマンションをお子様の人数分保有し、相続時の遺産分割を円滑に行うことができます。

円滑な相続

毎年の節税効果

不動産所得が計算上マイナスとなった場合、
給与所得の黒字と相殺し(損益通算)、所得税の還付、住民税の減額をすることができます。

一般的に、初年度は不動産所得税、登録免許税、印紙税、減価償却費の負担が大きいため、その分不動産所得が計算上マイナスになる可能性が高く、税金還付・軽減額は多くなります。

また、2年目以降についても節税効果は年々減少していくものの、数年間はある程度の節税効果を期待することができます。

万が一空室期間が継続した場合や予想外の修繕負担が発生したことに起因して、不動産収支がマイナスになってしまった場合には、その分税効果は高くなりますので、結果として税金還付・軽減額が多くなります。

そのため、不動産から生じる収支の減少に対するリスクヘッジとしての役割も担っています。

節税

確実な投資用不動産のご購入は、参加費無料の当社投資用不動産セミナーで、初心者の方にもわかりやすく説明しております。

お問合せ 電話番号 メールフォーム 住所