日本不動産イニシアティブ株式会社

マンション経営とは

ワンルームマンションとは

ワンルームマンションワンルームマンションとは、一般的に部屋のサイズが20m²~30m²で、一つの居室とその他キッチン・バス・トイレ等があるお部屋の集合住宅のことをいいます。
ワンルームマンションは、都心部・駅近に立地している場合には利便性が高く、かつ気軽に入居できるところに魅力があり、また、投資用物件としてそれ自体が売買の対象とされています。 近年のワンルームマンションは、デザイン性、設備の充実性、耐震性等に優れており、物件としての価値や魅力が高まっています。

ワンルームマンション
 
都心部・駅近は高価値

ターミナル駅へのアクセスが便利な立地で、利便性が高い都心部、駅近の物件は希少性があり、物件としての魅力が非常に高くなっています。
家賃が安定

都心部、好立地、ハイグレードな設備があるマンションでも、家賃相場は月額9万~11万円と安定しています。
そのため、快適な環境にリーズナブルに入居することができます。
男女ともに、特に単身者に人気

都心部では単身者の割合が増加傾向にあり、男女問わず入居割合が多くなっています。
高稼働率

ワンルームマンションは気軽に入居可能なため、都心部での稼働率(入居率のこと)は97%前後と高い割合になっています。
  

ワンルームマンション経営について

ワンルームマンション投資は、ハイリスクローリターン、管理が面倒、法律関係が難しい、投資として魅力がない等、初めはそのような先入観を持っている方が多くいらっしゃいます。
この点、ワンルームマンション投資は、株式等の金融商品と比較した場合には毎月安定した収入を継続的に確保でき、預貯金等と比較した場合には高い利回りで運用する事ができますので、低リスクで安定したリターンを獲得可能な投資といえます。
また、管理や法律面については、管理会社や専門家がサポートしてくれますので、オーナーは少ない手間で物件を保有していくことができます。
さらに、ワンルームマンション投資では、いわゆる収入アップの投資目的だけではなく、年金、保険、節税、インフレ対策など、さまざまなメリットを享受することができますので、年齢や職業を問わず非常に注目されているライフプランニング手段の一つとなっています。
  
収入について
  • ワンルームマンションのオーナーになると、所有している物件の入居者から継続的に家賃収入を収受することができます。
    そのため、安定的な収入源を確保することができます。
  • 保有物件を売却する場合には、その時の市場価格に応じた売却代金を受け取ることができます。
  
支出について
  • 日々の物件管理、入居者とのやりとりは管理会社に委託する事ができますので、ご自身で煩雑な作業を行う必要はありません。
    その場合、管理会社に一定の手数料を支払う必要があります。また、大規模修繕に備えた修繕積立金を支払う必要があります。
  • 購入に際しては金融機関から資金を借り入れることが可能なため、少額な手元資金を準備するだけで購入する事ができます。
    その場合にはあらかじめ設定した期間にわたりローンを返済していくことになります。
  • 購入時には不動産取得税、登録免許税、印紙税等を支払い、保有期間に渡って固定資産税・都市計画税を支払います。
  • 購入時には将来の火災事故に備え火災保険に加入することになります。
  
収支について
  • 家賃収入から金融機関への元利返済金額、管理会社へ支払う管理費等、固定資産等の税金、
    火災保険料を差し引いた残額な収益となります。
  

#

購入者プロファイル

ワンルームマンション購入者層は多岐に渡ります。ご自身のライフプランニングに沿った形で購入される方が多いです。

プロファイル


PAGE TOP